ものがたり

 

storysyashin

 

物語はふしぎなカメラとの出逢いからはじまった

 

朝から、しとしとと雨がふりつづいている。なんとなく、すっきりしない心模様。

ふと、部屋の片隅に、みたことのないふしぎなカメラ。傘をさし、ふしぎなカメラを片手に散歩へと出かける。

ファインダーを覗くと、そこにはふしぎな世界がひろがっていた。

ふしぎなカメラを手にすると、憂鬱におもえていた雨さえ、ここちよく感じてきた。

リアルな世界に重なるように繰り広がる無意識なこころの世界「こころんぼっこ」

少年は、ゆくりなく「こころんぼっこ」の世界にひきこまれていく。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存